back-to-school-1576791_1280

こんにちは!
28歳からの女性のための天職カウンセラー 中川麻里です。

今回は「才能」という自分の宝を
「どこで」活かすのか
のお話です。

天職カウンセリングは、
「あなたの才能」×「興味関心」を
掘り下げていく作業ですが、

じゃあ「具体的にどんな職業を選ぶの?」
という段になったら、
「才能をどんな分野で発揮するか」
をよくよく考える
必要があります。

なーんて、
しょっぱなからカタい話ですみません!!

まずはマンガ「毎日かあさん」をご覧ください。
↓↓クリックしてください↓↓
「毎日かあさん」第685回『才能』

(出典:2016年9月26日毎日新聞朝刊、西原理恵子著)

西原理恵子さんは自分の才能を
こんなふうに語ってますね。

・自身の絵の才能(のなさ)を客観的に見る眼
・逃げ足の速さ
・プライドのなさ

(他にも、日常生活のするどい観察眼、平易な言葉で直球勝負、などたくさんあると思いますが)

私は、西原さんの本当にすごいところは
自分の「才能×興味関心」を「どこで」使うかを
人生の割と早い時期に自分でつかみとった
ことだと思います。

いわゆる「芸術」の世界じゃない、
商業デザインでもない、

マンガ家としての出発時、
「エロマンガ」の世界が
才能を発揮する最初の場になった。
彼女の才能はそこで「入れ食い状態」になったわけです。

自分が絶対的優位に立てるフィールドを探り当てた
(おそらく直感的に)

わけですね。

ただ西原さんのように、
ここだ!というのがキャリアの初期に掴めればよいのですが
そうでなければどうするか。。。

大丈夫!!
↓↓この3つ↓↓をとことん考えればいいんです!

(1)お客さんは誰か
=どんなお客さんが自分のどんな才能に魅力を感じてくれるか
(弱小エロマンガの編集者は、美大生・西原さんのなんでもやります的なたくましさに、いける!と思った)

(2)ライバルは誰か
=そのお客さんに「選ばれたい」と思っているライバルは誰か
(描き手はいるもののオジサンばかり、デッサンなどトレーニングを積んだ人も若い人もいなかった)

(3)お客さんがライバルよりも自分を選ぶ理由は何か
=自らの「才能×興味関心」のうち特に「何」によって、お客さんと相思相愛になれるか
(実質的にライバル不在だったが、この業界でやってこう!という度胸、マンガに添えた小話の秀逸さなど)

#会社員の方にとってここでいう「お客さん」は、
「エンドユーザー」であったり
「自分を雇う会社」であったりしますが
結局は同じことが言えます。

この3つを考えるのは、
「自分がどんな土俵でやってくか」
を決めることにつながるからです。

ただそんなにすんなりはいきません。
私の場合はどうだろう?と
“ウンウン”言いながら考えます。

で、ここまで考え抜いたら
あとは「実際にそのフィールドでやってみる」

「ボランティア」や「アルバイト」など
仮説を実地で確かめてみる

これが大事です。

うまくいけばよし、
そうでなかったら仮説に戻って
再度考え直してみる。

そんな地道な積み重ねが
あなたを天職に導いてくれますよ!

☆今回の結論☆
才能をMAXに活かすフィールドを見つけるには、
・お客さんは誰か
・ライバルは誰か
・お客さんがライバルよりも自分を選ぶ理由は何か
をとことん考え実地で試してみる!

あなたも一緒に考えてみませんか♪

アラサー女性が天職を見つけるための方法を大公開!

↓↓無料メルマガの登録はこちら↓↓

天職キャリアのとびらを開く5日間のメール講座
5日ご購読でカウンセリング無料!

28歳からの女性のための天職カウンセリング® 【キャリアのとびら®】
キャリアカウンセラー・キャリアコンサルタント 中川麻里
_mg_1185
自分自身、やりたいことが分からずに20年間で20回転職した経験をもとに、「自分を活かす大好きな仕事」=天職を見つけるためのメソッドを確立、アラサー女性を中心に天職カウンセリング®を行っています。

*Webサイト:女性のための天職カウンセリング®【キャリアのとびら®】

関連記事はこちら